いわた動物病院 TOP > 外科診療

ご挨拶
・整形外科 ・・・骨折、膝蓋骨脱臼 等
・神経外科 ・・・頚部、胸腰部椎間板ヘルニア、環軸亜脱臼 等
・軟部外科 ・・・消化器、生殖器、肝・胆のう疾患会陰ヘルニア 等
・歯科処置 ・・・スケーリング、抜歯 等
・腫瘍外科 ・・・皮膚、消化器、骨、呼吸器 等
ご挨拶

膝蓋骨脱臼

小型犬に多くみられ、症状は一時的な痛みから無症状まで様々です。
進行する病気のため最終的に大腿骨が湾曲し、歩行困難になる場合もあります。骨の変形が顕著になる前の早い段階での矯正手術が有効です。

診断

触診やレントゲン検査にて進行度を決定します。

治療

比較的軽度な場合は、痛みのコントロールや進行を遅らせる生活環境を整えます。 骨変形の顕著でない進行症例ではなるべく早期に外科的な矯正手術をお勧めします。 様々な方法がありますが、当院では関節外安定化術により、骨の歪みの調節を行うとともに、滑車溝を深くする造溝術などを組み合わせることにより、脱臼の整復、矯正を行います。

椎間板ヘルニア

頚部、胸腰部に発生することが多く、症状は軽度の痛みから神経麻痺まで様々です。 重症度によりますが、外科手術による減圧、原因の除去が必要な場合もあります。軽度の場合は再発に注意しながら通常の生活を行うことも可能です。 治療成績は神経の障害の程度によるところが大きいため、早期診断、治療が必要な病気です。

診断

レントゲン、脊髄造影CT検査、MRI検査などで診断を行います。

治療

進行度によって異なります。軽度の場合は、痛みのコントロール・安静・薬剤投与などで神経機能の回復を図りますが、重症症例では、原因の除去、 脊髄の減圧を目的とした椎弓切除を早期に行う事をお勧めします。

会陰ヘルニア

男性ホルモンの関与も一つの原因といわれていますが、肛門付近の筋肉が萎縮した結果、筋肉同士の隙間から直腸、膀胱、前立腺などが脱出する病気です。 脱出する臓器によって症状は様々ですが、根本的な治療は外科手術になります。未去勢の場合、同時に去勢手術も行います。


胆のう疾患

原因は様々ですが、胆のう内に泥状もしくは結石が貯留し、肝臓で生成される胆汁の流れを障害します。 流れが悪くなると重度の黄疸、胆のうの破裂、腹膜炎などによる一般状態の急激な悪化がみられます。 状態にもよりますが、積極的な方法としては胆のうの切除を行います。